2022.05.01

Tukir 22SS

こんにちは。
肥後橋のライフスタイルショップ、VELVETです。

 

本日は、今期よりお取り扱いの始まりました【Tukir(トキ)】をご紹介させていただきます。

BLOGでのご紹介は初めてのブランドとなりますので、まずはTukirというブランドについて

【Tukir】

Tukir(トキ)は、seya.のデザイナー瀬谷慶子氏と、尾州の老舗機屋T’acca(タッカ)のコラボレーションで実現したホームガーメントのプロジェクト。

“古くなることに自信を持てる服、年を経ることが楽しめる服”をコンセプトに、時を楽しむ真の意味でのサスティナビリティを求め、経年変化によって見える表情や素材の美しさを追求したプロダクトをデザインする。

“Tukir”はタミール語で、絶滅危惧種である天然保護鳥トキの季節によって変わりゆく羽の色を意味する。

 

 

 

Tukir day dress S/W ‘Chirimen’ ¥64,000+tax

size:2

 

一点目のご紹介は、ノーカラーのシャツドレスです。

生地には、ウールとシルクをブレンドしたファブリックを使用しています。ほのかな光沢感があり、シルクとウールの収縮差で表現された凹凸感はとても奥行きのある風合いに仕立てられています。

ドロップショルダーで身幅もしっかり取られているので、フィッティングも快適です。

 

前立ての内側にボタンが付けられており、体の動きによって表情が変わる素敵な一着です。

メンズのロングシャツとして、レディースでは1枚でもインナーとしても、ユニセックスかつユーティリティーに活躍する逸品です。

 

 

 

Tukir day Longpants Silk/wool ¥49,000+tax

size:2

 

2点目のご紹介は、ワイドイージーパンツです。

ウールとシルクのタイプライター生地で、シルクの細番手を使用した緯糸をクスノハガシワとログウッドで染め、ウールの細番手を使用した経糸は同色の普通の染めで仕上げられています。

タイプライター生地ですので、しっかりとしたハリ感がありながら、シルクの美しい艶によって上品さも兼ね備えた一着となっています。

 

 

陽に当たったり洗濯することによってクスノハガシワの緯糸が褪せてきて、徐々に経糸との色に差ができ、生地に奥行きが出る様になっています。

ゆったりとしたワイドシルエットで、ウエストはドローコードのためフィッティングも快適です。

 

・・・糸からこだわった生地作りが特徴で、今だけでなく着古すことによって起こる経年変化についても考えられた服作りをされています。

着るたび、動くたびに違う表情を見せてくれ、着ることの楽しみを教えてくれるアイテムが揃っています。

店頭・オンラインショップ共にご覧いただけますので、ぜひお試しいただけますと幸いです。

 

Tukirのアイテムはこちらから

 

商品のお問い合わせは、電話やメール(info@velvet-jp.com)でも承っております。

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

 

Instagramはこちらから

オンラインショップはこちらから

 

VELVET
ADDRESS/大阪市西区京町堀1-10-2
TEL/06-6450-8355
OPEN/12:30-20:30(19:30以降はアポイント制)
CLOSED/不定休

RecentBlog