2018.10.31

GREI. 2018AW

こんにちは。

肥後橋のライフスタイルショップ、VELVETです。

 

早いもので、10月も本日が最終日となりました。

今月は弊店も1年半を迎え、新たに【NEOSHIHO(ネオシホ)】の作品のお取り扱いも始まり、府内外問わずたくさんのお客様にご来店を頂きました。
皆さま本当にありがとうございました。

植物好きのお客様のご来店が多くなったことで植物の会話をすることが増えてきて、毎日洋服と植物と、バランス良く楽しくさせて頂いています。

これからまた2周年に向けて色々と新しいことを取り入れながら精進して参りますので、皆さまこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

・・・さて、今回はこの2018AWより新たに取り扱いの始まったニューヨークのブランド【GREI.】(グレイ)の新作をご紹介します。

【GREI.】

GREI.(グレイ)は2011年にスタートしたニューヨークのブランド。 
アンドリュー・スパルゴーとラリー・ポールの2人がデザイナーを務め、手作業によるインディゴ染めなどを得意とし、機械による大量生産ではなく職人による手作業でのプロセスを大切にモノ作りを行う。

ブランド名にもなっているグレー(灰色)というその色自体の曖昧さは、力重く暗い雰囲気から、柔らかさ、また洗練されたものと幅広い雰囲気を表現することを可能にしている。 
また、灰色というパレットを元に創るブルーとグレーをベースにした彼らの作品はユニークで、彼らのハンドダイ(手染め)の技術に多くの感度の高い顧客がリピーターとなっている。

PANEL ROBE/WASHED TENCEL DENIM     ¥48,000+tax

size:2

 

まずこちらはGREIの定番である、和の空気感を取り入れたパネルローブです。

生地には、シルクの光沢と柔らかな風合いを持ち吸湿速乾性に優れた天然繊維であるテンセルを使用し、インディゴのハンドダイが施され、深みのある美しいブルーが表現されています。

リラックス感とラグジュアリー感とを兼ね備えた一枚で、羽織としてもインナーとしてもお使い頂けます。

SHERPA PANEL PONCHO/BLACK     ¥61,000+tax

size:2

 

そしてこちらも秋冬の定番であるパネルポンチョです。

生地には、表地に撥水性のある柔らかなウルトラスウェードを、裏地は贅沢に全面にシェルパ生地を使用しており、まるでボアの毛布に包まれるような暖かさを味わうことができます。

袖口のボタンを開けてアームホールを作らずに羽織りとしても使い頂けます。

一部ですが、ご覧頂いたように「ミリタリー」や「和」の雰囲気漂うアイテムも作っているブランドです。

“ニューヨークのブランド”というイメージの通りの洗練されたファブリックやシルエットとアイデアソース、そこに敢えてハンドダイという手仕事を加えるデザイナーの拘りように惹かれました。

機能的でありながら贅沢感を味わえる“寛ぎのファッションスタイル”を提案していますが、ただそれは表面的な華やかさや派手さではなく、素材の新たなクオリティを見つけ出すというアプローチで作り上げられています。

パッと見は個性的な感じがしますが、着てみるととても馴染みが良いことに驚きます。

ぜひ店頭でもお試し下さい。

 

※明日11/1(木)は店休日とさせて頂きます。ご来店予定のお客様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。

 

GREI.の商品はこちらから

 

商品のお問い合わせは、電話やメール(info@velvet-jp.com)でも承っております。

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

 

Instagramはこちらから

オンラインショップはこちらから

 

VELVET
ADDRESS/大阪市西区京町堀1-10-2
TEL/06-6450-8355
OPEN/12:30-20:30
CLOSED/不定休

RecentBlog