2018.11.05

ATELIER BÉTON 2018AW②

こんにちは。

肥後橋のライフスタイルショップ、VELVETです。

 

11月が始まり、早くも5日が過ぎました。

最近は充実している為か悩み事をしている為か、1週間が早過ぎて、1ヶ月が早過ぎて・・・と“光陰矢の如し”を身に沁みて感じる今日この頃でございます。

 

・・・さて、先日、弊店でも人気の【ATELIER BÉTON】(アトリエベトン)より最終便が到着しましたので、今回はこちらの最終便で届いたアイテムをご紹介致します。

FLUFF CARDIGAN     ¥34,000+tax

size:3

color:GRAY, CHARCOAL

 

ウールとアルパカという上質な素材と着心地の良さを生かしたカーディガンです。。

南米アンデス山脈の高地に生息するアルパカの糸を混紡した希少な糸を使用し、太番手で片畔の編み地を作り凹凸感と厚みを出しています。

アルパカは丈夫で弾力性があるのに滑らかで滑りが良く、保温性が非常に高いという性質があります。

また、袖口には身頃と風合いを変えたシェットランドウールを使用し、長めに編まれたリブには、親指を通してグローブ感覚で着用できるように穴を開けた仕様となっています。

size:3は、私(167cm/肩幅やや広め)が着用して少しゆったりめの絶妙なシルエットです。

袖のリブは長いので、グローブとして使用しない時は二つ折りにするアレンジもできます。

シンプルながらデザインアクセントも効いていて、肌触り面でもウール特有のチクチクも無く、モヘアのような起毛感がありながら非常に滑らかです。

MORNING COAT/BLACK NAVY     ¥67,000+tax

size:2, 3

 

こちらは・・・昨年買い逃されたという方も多いのでは無いでしょうか。

ブランド定番のモーニングコートです。

その名の通り、“朝、パジャマの上からコートを羽織りポストに新聞を取りに行く”というシーンを想定して造られており、新聞を丸めて入れることを考えて、コートには珍しく後ろポケットも付いています。

生地は、産出量が極めて少ない最高級ウールである「タスマニアウール」と上質なカシミアの混紡糸を使用し、高級感のある肌触りと暖かさを追求したオリジナルメルトン地を二重に接結したダブルフェイスで仕上げています。

さらに生地の両面にゆっくりと時間をかけて特殊な起毛加工を施し、上質な肌触りを演出しています。

ガウンの要素を取り入れつつシンプルで高級感あるデザインになっており、外出着のアウターとして使用する際に中に着込めるように身幅やアームホールなどに少しゆとりを持たせています。

私くらいの身長だとロングコート選びが難しくなるのですが、丁度良くお召し頂けるよう、今シーズンは2のサイズもバイイングしております。

 

・・・コートとカーディガンはATELIER BÉTONの定番として毎シーズンアップデートされています。

最近特に注目を集めているモーニングコートは、「一見」ならぬ「一試」の価値有りです。

一度お召し頂くと、シルエット、ファブリック、コスパと三拍子揃った絶対的アイテムの人気の理由がお分り頂けると思います。

ぜひ一度お試しくださいませ。

 

ATELIER BÉTONの商品はこちらから

 

商品のお問い合わせは、電話やメール(info@velvet-jp.com)でも承っております。

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

 

Instagramはこちらから

オンラインショップはこちらから

 

VELVET
ADDRESS/大阪市西区京町堀1-10-2
TEL/06-6450-8355
OPEN/12:30-20:30
CLOSED/不定休

RecentBlog