2018.05.10

YOAK STANLEY & OLIVER

こんにちは。

肥後橋のライフスタイルショップ、VELVETです。

 

昨秋冬まで靴不足に悩まされていましたが、この春夏から【ITTY-BITTY】や【ATELIER BÉTON】などでスニーカーがローンチされたことでVELVETの足元も潤ってきました。

そしてこの度、新しいフットウェアブランド【YOAK】(ヨーク)の取り扱いが始まりましたので、今回はこちらをご紹介致します。

【YOAK】

YOAK(ヨーク)は東京でクリエイティブ、生産を行うフットウェアブランド。

普遍的なものに新しいアプローチを加えたデザインは、ジャケットやシャツに合わせる事を前提に作られている。
プロダクトは、半世紀以上の歴史がある東京の靴ファクトリーにおいて熟練の技を持つ職人の手で行われており、最高峰のクオリティを約束する。

STANLEY     ¥24,000+tax

color:WHITE

size:41(25-26cm), 42(26-27cm), 43(27-28cm)

 

こちらのSTANLEYが、YOAKの大定番であり、不要な部分を全て削ぎ落とした究極のシンプルシューズです。

アッパーの上質な牛革はマットな質感が特徴で、履き込むほどに自身の足に馴染みます。
職人の手によるカッティングや細かい縫製は独特の影を作り出し、シンプルな中に存在感を主張します。全身をスタイリッシュに整え、ソールまでワントーンで表現したカラーリングも特徴です。

豚革をライニングとインソールのつま先まで贅沢に使用することで、足全体を包み込む心地よいフィッティングを提供し、インソールの低反発メモリーフォームはワンランク上の履き心地を約束します。
また、アッパーとソールをステッチで縫い付けることで耐久性に優れた作りになっています。

OLIVER   ¥20,000+tax

color:BEIGE, NAVY,BLACK

size:41(25-26cm), 42(26-27cm)

 

そしてこちらはYOAKの新型である、大人が履けるスライダーサンダルです。

アッパーには柔らかな表情を作り出す牛革スエードを使い、敢えて補強を入れないことでクタッとしたスタイルを演出しています。

また、アッパーデザインはつま先が大きく露出しないようにカットされており、どこかスタイリッシュで都会的な印象を作り出しています。

内側に向けカットし、ワントーンで構成されたソールは足が大きく見えないように計算されています。

厚み3.2cmの厚底ビブラムソールは「オイルレジスティング」のものを使っているでグリップ力が優れ、耐摩耗性があり、全天候型でありながらタフな環境や長時間の歩行にも対応します。

天板とソールは松ヤニを塗り込んだステッチで接着することで耐久性に優れた作りになっています 。

 

・・・某世界的ブランドのシューズなども製作している工場での生産ということで本当に総合的なクオリティが高く、素材の良さやパターンの美しさは勿論ですが、何より履きやすく、これをこの価格で出せるのかというくらいの驚きがあります。

ワイズはD〜Eの間くらいで、某ブランドのオールスターや某ブランドのエアフォース1よりも広く、シューズの見た目のスタイリッシュさを崩さないよう、しかし狭すぎないように計算されていて、足型に合う履きやすいサイズ感になっています。

デザインとしても、どのアイテムもスタイリングを選ばないベーシックなシルエットながら存在感があります。
リピート買いや2色買いが多いというのも納得の逸品です。

ぜひ店頭でもご試着下さいませ。

 

YOAKの商品はこちらから

 

商品のお問い合わせは、電話やメール(info@velvet-jp.com)でも承っております。

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

 

Instagramはこちらから

オンラインショップはこちらから

 

VELVET
ADDRESS/大阪市西区京町堀1-10-2
TEL/06-6450-8355
OPEN/12:30-20:30
CLOSED/不定休

 

RecentBlog